心理学で読み取る「足の状態でわかる恋愛感情」 恋愛占い

2007年05月13日

心理学で読み取る「足の状態でわかる恋愛感情」

人は誰でも、自分の縄張りを持っていると、心理学では言われています。縄張りとは、簡単に言えば「他人に近づかれると嫌な距離」です。これは体の周囲に楕円状に広がっており、心理学では「パーソナル・スペース」と呼んでいます。
パーソナル・スペースの大きさは個人の性格によって違ってきます。そのため、同じ人でも置かれた状況や対峙している相手によって大きく変化していきます。

例えば、恋人同士であれば数センチの距離まで近づいても嫌ではありませんが、知らないおじさんに頬をすり寄せられたらかなり不快ですよね。
相手と自分との関係や、場の状況によって、「許せる距離」 が変わってくるのです。心理学で言うところの 「パーソナル・スペース」、つまり「縄張りの範囲」 なのです。

今回は、パーソナル・スペースに関連したしぐさを観察することで、相手の心理を読み解いてみることにしましょう。


●大きく足を広げ、ふんぞり返って座る人
広げた足がつくる空間が、その人のパーソナル・スペースです。足を大きく広げることでパーソナル・スペースを拡大する行為は、動物が羽を広げたり、毛を逆立ることによって相手を威嚇したりするのと同じことなのです。
この場合、自分自身を実際以上の存在として見せたい心理の表れです。競争力が強くて、人に対して攻撃的であり、権威主義的な傾向の人であると考えることができます。つまり、こうした座り方の人は虚勢を張りたいタイプ、逆に言うと臆病な人とも推測できます。

●足を組んで座る人
この場合ですが、足の組み方の強さによって二通りに分けられます。
強く、固く足を組んでいる人は、どちらかというと緊張していて、目の前の相手や自分の置かれている状況を拒否している気持ちがあります。自分に自信がなくて、傷つけられないかとどうかという不安から、神経をまるでハリネズミのように逆立てて、自分を必死に守っているとも考えられます。
それとは逆に、足の組み方がゆるい人は、気持ちがリラックスしています。こうした人に対してはゆったりとした気分で話を続けられます。また、組んだ足をブラブラとさせていれば、さらにリラックスしている状態です。


●足を固く閉じて座る人
女性は、たいてい足を閉じた状態で座ります。これだけであれば普通の状態かもしれませんが、不自然なほど足を固く閉じて座っている人をたまに見かけませんか?
これも、心理的な壁を作ることで自分を守っている状態なのです。不安や緊張、そして嫌悪などの表れです。また、相手からの攻撃や非難を極力受けないようにしたい、という心境かもしれません。
何事に対しても悲観的で、傷つくことをとても恐れていて、憂鬱な気分でいることが多い人にこうした座り方が多いはずです。
また、もしこうした人でないという場合には、自己演出が考えられます。足を閉じることによって、パーソナル・スペースを縮めることが出来ます。つまり、自分を小さく見せることができるようになるのです。
特に、女性がこうした姿勢を取る時は、小さくて、か弱くて、かわいらしい感じのキャラクターを演じている可能性があるというわけです。


ここまで挙げてきたように、無意識に行動するしぐさというのは、ほとんど人の心理が表れているのです。何かに夢中になっている時や、無意識に行動している時のしぐさは、外に対して注意があまり向けられていないときほど、その人本来の姿が現れます。
posted by ジュン at 00:27 | TrackBack(0) | 恋愛 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96514086

この記事へのトラックバック