心理学を使った恋愛トレーニング 恋愛占い

2007年05月13日

心理学を使った恋愛トレーニング

恋愛上手といえば、銀座のホステスさんです。彼女たちは意外なところで恋愛心理学を使っています。例えば、次の通りです。


●一日最低5人をほめる
どんな人でもいいから1日最低5人をほめる。 ほめるためには、その人をじっくり観察して愛情を持たなければ出来ません。 日ごろからほめる訓練をしておくと、本命の相手に出会った時に最高の態度が自然と取れるようになります。銀座のモテホステスは、ほめて相手が喜ぶ言葉を考えるということで恋愛の達人になるのです。

●相手に意見してもトラブルにならない言い回し
それは、会話の最初に「私は」をつけるということです。「アナタは間違っている」と意見したい時には 「私悲しい、アナタがそんなこと言うなんて」というように「私が感じた言葉」を最初につけるともめることは案外少なくなります。そうすることによって、相手のプライドを傷つけず守るということが大切なのです。

●恋愛を一歩進ませるテクニック
例えば、食事中には相手と同じものに手を伸ばしてみましょう。恋愛をもう一歩先に進ませるためには、相手に「一緒にいて疲れない、楽しい」と思わせて好感度を上げることが大切です。さりげなく行動をまねすることによって、「なんとなく気が合う」と思わせる効果があります。

●相手をとりこにするテクニック
「3秒間見つめて ん?」と小首をかしげるというテクニックがあります。銀座のホステスの基本で最も重要なテクニックは「目で語ること」。視線の引力こそが相手を虜にする一番の方法です。その際、相手を見つめる時間は3秒程度が一番良いとされています。さらに、「ん?」と首をかしげることによって「向こうが自分のことを気にした」かのように演出することができるのです。
posted by ジュン at 00:27 | TrackBack(0) | 恋愛 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96514091

この記事へのトラックバック