追われると逃げたくなる恋愛心理学 恋愛占い

2007年05月13日

追われると逃げたくなる恋愛心理学

それは「焦っている」ということです。焦っている人にはあまり魅力を感じないと思います。焦っているということが表に出てしまっているからです。
「焦っている=必死=彼女欲しいオーラが出てしまう」という公式が成り立ち、その時点で女の子は引いてしまうのです。

彼女が欲しいけど出来ない人は、まず焦りをなくすこと。これが一番の近道だと思います。
焦っている人に対しては、なかなか警戒心を解くことが出来ません。その結果、仲良くなれないばかりか、付き合う段階まで気持ちが傾きません。


では、具体的にどうすればよいのでしょうか。

決して簡単なことではありませんが、まずは恋人を作ること以外に打ち込める何かを見つけることです。何かに熱中している人はとても魅力的です。
そんなの思いつかない、という方は、内心焦っていてもそれを表面に出さないことができればいいと思います。
そうはいっても、自分では焦りが出ているかどうかわからないですよね。
個人的な意見になりますが、焦りが見える男性の多くに共通することのひとつに、一方的な押しが強すぎるということがあります。

たとえば、メールアドレスを交換する時、相手のアドレスをその場で何としても教えてもらおうとする人。また、アドレスが分かったところで、頻繁にメールを送信する人です。これでは完全に焦りが見えてしまいます。
逆に、この人のやり方はうまいな、と思ったのは、自分のアドレスだけを教えて女の子のアドレスを聞かないということです。この場合、女の子のアドレスを聞かないので焦っている感じには全く見えませんし、女の子がアドレスを教えていいと思ったときに、女の子側からメールを送ってくれます。


ネットでもリアルでも、「連絡先を教えて!」と迫られるのは、女の子が警戒する行動の一つです。まずはゆっくり焦らずに、仲良くなる段階を踏むことから始めてみて下さい。
posted by ジュン at 00:27 | TrackBack(0) | 恋愛 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック