外見の影響について考える恋愛心理学 恋愛占い

2007年05月13日

外見の影響について考える恋愛心理学

外見は大切です。ここで言う外見というのは、見た目だけの意味ではありません。
外見というのは、顔の作りだけ見ると大したことはなくても、自分の性格や趣味、雰囲気で随分変わるものなんです。

たとえば、芸能人の「福山雅治」さんを例にとりましょう。
福山さんは「かっこいい!」と女性の人気がとても高いですが、もし彼がとてもだらしなく、浮浪者のような生活をしていたとしたとしたら、どうでしょうか。それならかっこいいと思わないかもしれません。
今の彼は芸能人というオーラや身に着けているもののかっこよさなどによって自分の魅力をひきだせているのでしょう。そして、この世の女性が現実に好きになる人というのは、おそらくその大半が福山さんとはあまり似ていない顔の作りの人だと思われます。福山さんには福山さんなりの良さがあり、実際に好きになる人にはその人なりの良さがあるということです。ですから、決して外見が福山さんじゃなければいやだ、というわけではないのです。
それならば、今まであまり「かっこいい」「かわいい」と言われたことのない人でも、雰囲気や身につけるものなどによって自分の魅力を引き出すことが出来れば、「かっこよく」「かわいく」なれるのではないでしょうか。


そしてもうひとつあります。
「彼氏がいる女の子はかわいい」という見出しを、よくティーンの雑誌で見かけます。これを読んだ人の中には、「彼氏ができなきゃかわいくなれないのかなー。それなら片思いの人には意味ないよね〜」と思う人もいるかと思いますが、それは違います。
どうしてこういうことが言えるのかというと、彼がいるということで自分を良く見せたいと努力しますし、彼がかわいいと言ってくれると自信が出てきてかわいくなれるものなのです。もし恋人がいなくても、自分で同じ状況を作れれば少し変われるのではないでしょうか。
これは女の子だけに限ったことではなく、男の人も同じです。自信がなければそれは雰囲気に出てしまうものだと思います。


外見ばかりを整えるのはあまりよいこととは言えませんが、外見にとらわれすぎて「絶対に無理」などと後ろ向きになるのはよくないことです。そのような雰囲気こそが外見にマイナスとなってしまいます。
外見がどうとかで諦めてはいけません。考え方次第で必ず良く見せられるのです。内面からにじみ出る美しさを是非追求していきましょう。
posted by ジュン at 00:27 | TrackBack(0) | 恋愛 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96514101

この記事へのトラックバック